MENU

新座市O様邸新築工事 基礎工事の続きです

2017年6月15日

こんにちは。
タカミ住建の小池です。
 
新座市O様邸の新築工事の基礎工事の続きです。
 
基礎(べた基礎)の底の部分にコンクリートを打設した後、アンカーボルトなどの耐震の金物を取り付け、基礎の立ち上がりの部分に枠を設置しました。
 
0615_1.jpg



枠の間隔がずれないようにしかりと留めてあります。

0615_2.jpg





枠が組み終わると、立ち上がりの基礎をつくるためにコンクリートを流し入れていきます。

0615_3.jpg



0615_4.jpg




基礎の立ち上がりの部分にコンクリートを流すときは、基礎の高さをしっかりと測ってコンクリートを入れていきます。
そして一番上の部分が水平になるように、レベラーという調整剤を流します。
 
基礎の上には土台を載せるので、平に均されていないと建物が歪んでしまう恐れもあるので、慎重に行われる作業です。




その後、コンクリートがしっかり乾くまでビニールで養生期間を持ちます。

コンクリートの乾燥防止のために、養生期間はシートをかぶせています。

0615_5.jpg



養生期間が終わったら、枠を外します。
基礎の完成です。


続きはまた後日、お伝えします。
よろしくお願いします。

おすすめ記事


資料のご請求とお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!
施工例
リフォーム
イベント情報
お客様の声
スタッフBLOG
タカミ住建 誕生物語

人気記事

Facebook
Twitter
Instagram
Tポイント

〒178-0064
東京都練馬区南大泉
5-27-21


© 2020 練馬区・西東京市周辺で注文住宅・建て替えするなら地域密着工務店「タカミ住建」 All rights reserved.