MENU

桧を柱に使う ≪桧は長持ちする≫

2020年1月31日

 

タカミ住建では、桧(ひのき)の柱を使って、家づくりをしています。
どうして桧なのか・・・のお話の2回目です。


2.桧は長持ちする


桧は耐水性に優れています。

湿気などに強いので、腐りにくい木材です。

 

そのため、当社では柱だけではなく土台にも無垢の桧を使用しています。

 

もっとも、ヒバや栗など桧よりも腐りにくく強い木もたくさんあります。
でも、金額がかなり高いため、あまり一般的ではないのではないかと
思っています。

(金額にかなり余裕のある方は・・・候補に入れてみてください。)


腐りにくいというのは家にとって本当に大事なことです。


木を腐らせるには水分や温度など微妙に関係してきますが、
木が腐ると、耐久性・耐震性があっという間に低下していきます。

 

そして腐った木にはシロアリが付きやすくなります。

 

シロアリの被害のすごさは、テレビなどでご覧の方も
いらっしゃるかと思いますが、
絶対に避けたいことの一つだと思います。

木材は腐らせないことが、本当に重要です。


そのためにも、土台や柱にはより腐りにくい木材を
使用していきたいと思っています。

 

桧を土台や柱に使うということは、

家を長持ちさせるためも、大切なこととして

お話させていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事


資料のご請求とお問合せはこちらからお気軽にどうぞ!
施工例
リフォーム
イベント情報
お客様の声
スタッフBLOG
タカミ住建 誕生物語

人気記事

Facebook
Twitter
Instagram
Tポイント

〒178-0064
東京都練馬区南大泉
5-27-21


© 2020 練馬区・西東京市周辺で注文住宅・建て替えするなら地域密着工務店「タカミ住建」 All rights reserved.